お釈迦様の誕生日は、父の命日。父の教え子から嬉しい報告がありました。

工藤聖子(さとこ)です。

 

4月8日は、
お釈迦様の誕生日でした。

この日は、
私にとっては特別な日で、
父の命日です。

父が亡くなって、
3年の月日が流れました。

 

一昨日の朝、
祝詞・般若心経をあげていると、
あの頃のことが、
鮮明に思い出されて、
声をあげて泣きました。

 

私が父の命を預かる決意をして、
責任を持って札幌から千葉へ、
父を連れてきたこと、

最期の時、
痛みで病院中に響き渡る声をあげていた父のこと、

血を吐いて、
逝ってしまったその瞬間、

それらを思い出すと、
まだ涙が出るので、
まだまだ悲しみは癒えてないんだとわかりました。

 

(コングレスの時に、
寅子先生から「まだ癒えてないよ」と、
おっしゃっていただいて、
ピンときてなかったけど、
やっぱり癒えてないんだと気づきました・・・)

 

完全に癒えることはないかもしれないし、
とっても時間がかかるかもしれないけど、
それはそれで良し。

焦らず、
今私自身にできる限り、
癒せていけたらいいなと思っております。

父のガンについて

反響が大きかったのは、
こちらの記事↓

『ガンになったら、食事に気をつけるべき!!??』

↑若かりし父と幼い私。
(夫から私の整形疑惑が・・・笑)

 

ところで、
去年のことなんですが、
とても嬉しいことがありました。

 

小学校の校長を退職後、
北海道にある地方の短大で、
教員を目指す学生さんたちを指導していた父。

仕事には全力投球で挑む父は、
まさに“命がけで”、
学校のシステムの改革をしながら、
学生さんの指導にあたっていました。

 

父の熱心な仕事の成果もあってか、
父が亡くなったその日には、
新聞に「学生が増えた」という記事が出ました。

子供の数が減り、
地方の短大は学生集めが困難な中、
素晴らしい成果だと思います。

そのことを書いた記事↓

『父が残した大きな成果と私が目指していること』

 

そして、
昨年の年末、
父の教え子から、
母のところに連絡がありました。

「先生のご指導のおかげで、
教員免許を取ることができ、
教職に就くことができたので、
ぜひお墓を参拝して、
報告させてほしい。」
というのです。

しかも、
一人ではなく、
数名とのこと。

 

昨年の11月に、
札幌の実家は壊してしまったので、
もう連絡がつかない状況になっていたのに、
なんとか母の携帯番号を探して、
わざわざ連絡してきてくれたのです。

 

「先生のおかげ」
と思って感謝することはあっても、

わざわざ連絡先を探して、
お墓まで行ってくれるなんて、
なかなかできないことですよね。

本当にありがたいです。

 

天国の父も、
さぞかし喜んでいることでしょう。

 

今、私は、
『教育』というのは、
とても大事なことで、
『教える』ということも、
とても大事な仕事だと思うようになりました。

それは、
私自身がホメオパシーの学校・CHhomで学び、
人として育てたいただいたことも大きいです。

 

父の生前は、
父の生活ばかりに目が行き、
父の仕事を誇りに思ってあげることができなかった。

でも、今は、
父は素晴らしい仕事をしていたし、
父があげた成果は大変大きなものだったと、
胸を張って言うことができます。

 

父が若い頃行った授業のビデオを、
父の病室でみんなで見た時に、
とても誇らしげに自慢していた父の顔を、
今も鮮明に思い出します。

 

これから私も少しずつ、
“人を育てること”に携わる仕事ができたらなーと思っています。

 

 

【4月24日(水)オンライン】
『ママとこどものための初めてのインナーチャイルドお話会』
講師:松岡真奈美インナーチャイルドセラピスト

 

募集開始しました↓

【5月11日(土)名古屋】
『実例から学ぶ!
体と心の関係を知ってアトピーを乗り越える方法』

講師:工藤聖子ホメオパス

 

どれも本当に良い内容ですよ!
ご参加お待ちしています!

オメオパティア ホメオパシー レメディー 工藤聖子

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。