不思議な玄関マットとの出会い 〜1000年先の未来へ!我が社のストーリー③〜

工藤聖子(さとこ)です。

 

我が社は、
1000年先も日本が豊かで、
そこに暮らす人が健康で、
幸せであるように願い、
今の事業を行なっています。

では、なぜ1000年先なのか??

そこに至るストーリーを、
シリーズお伝えしています。

 

前回はこちら↓
『インドで守り神様の正体が判明しました!
〜1000年先の未来へ!我が社のストーリー②〜』

 

やむにやまれず、
会社を設立し、
事務所をかり、
スタッフを雇うことになった、
2015年秋。

 

 

スタッフからのリクエストで、
事務所の玄関に、
きちんとした玄関マットを用意することになりました。

 

ちょうどその頃、
雑誌で見かけたギャッベという、
ペルシアの遊牧民族によって織られた絨毯が、
気になっていたので、
ギャッベの絨毯がたくさん揃った、
東京のお店へ足を運びました。

 

玄関サイズのギャッベでも、
結構なお値段なのですが、
事務所としてたくさんのお客様をお迎えする玄関。

良いものを、
と色々見せていただいていました。

 

その中に、
一つ気になるギャッベがありました。

 

大きな木がモチーフになっています。

 

私は店員さんに、
「この木はなんですか?」
と聞いてみました。

 

すると、
「これは“生命の木”と言って、
ペルシアの方ではとても大切にされている木です。」

さらに私は聞いてみました。

 

「生命の木って、
種類はなんですか??」

店員さんは、
早速調べてくれて、
そして言いました。

「ヒバだそうです。」

 

 

え?

 

ヒバ?

 

それってニオイヒバと一緒??

 

スーヤってこと???

 

 

あとで、
ホメオパシー出版の『キッズトラウマ』という本の、
『スーヤ』の箇所に、
「スーヤは生命の木と言われる」
と書いてありました。

 

我が家の守り神様と思っていた木が、
ホメオパシーでよく使われるスーヤで、

ホメオパシーセンターの事務所に置こうと思っている玄関マットに、
スーヤがモチーフになったものが、
今、目の前にある。

 

もう、買うしかありません。

 

とても高かったので、
クレジットカードの2回ローンで、
買いましたよ・・・汗

 

 

本当に不思議なご縁です。

 

ただ、この頃は、
なぜスーヤが、
うちの守り神様なのか?
どんな意味があるのか?
さっぱりわかりませんでした。

 

スーヤが1000年かけて、
大きくなるということが、
何につながるか見当もつかなかったのです。

 

「みなさん、
わが社に投資したら、
1000年かけて会社は成長して、
1000年後はウハウハですよー!!」

って言って、
出資者募ろうか!
なんて冗談を言って笑っていました(笑)

 

そして、
その意味がわかったのは、
2017年秋。

事務所開設から、
2年後のことです。

その意味がわかるきっかけとなったのは、
これまた不思議な、
私と氏神様との出会いから、
ストーリーからお話ししなければなりません。

 

続きは、こちら↓
『あ、これは船だ!船で神様がやってきたんだ!」
〜1000年先の未来へ!我が社の不思議なストーリー④〜』

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。