健康相談会とフルサポート講座、どちらを受けたほうがいいですか?

工藤聖子(さとこ)です。
 
このような質問をいただきました。
 
「健康相談会とフルサポート講座、
どちらを受けるのがオススメですか?

うちの子供は気管支炎になったことがあり、
喘息のけがあるねと言われています。」

迷われている方も多いと思いますので、
回答をこちらでもシェアしますね!

 
 
『薬に頼らない生活を始めよう!
Happyになるためのホメオパシー入門』

という無料のメールセミナーに書いていますが、

ホメオパシーは、

・セルフケア
・健康相談会
 
の2本立てとなります。
 
 
日頃の風邪、熱、鼻水、咳、怪我、捻挫などの「急性病」は、
市販されているレメディーキットなどを使って
セルフケアすることができます。
 
しかし、
アトピーや喘息、アレルギーや繰り返す頭痛や生理痛などは
「慢性病」で、ホメオパシーの健康相談会が必要となります。
 
ーーーーーーーーー
 
急性病=セルフケア
 
慢性病=健康相談会
 
ーーーーーーーーー
 
です。
 
 
そして、
 
セルフケアを身につけるのが『フルサポート講座』
 
慢性の症状を改善するのが『健康相談会』
 
ということになります。
 
ーーーーーーーーーー
 
急性病=セルフケア=フルサポート講座
 
慢性病=健康相談会
 
ーーーーーーーーーー
 
 
お子様のこれまでの経過を見ると、
肺炎を薬で抑えている経歴があり、
喘息気味と言われているため、
慢性病に当たります。
 
 
慢性病をホメオパシーで対策していくとなると、
臓器・精神・根本体質や遺伝傾向など、
心身の状態の全体像をみて
レメディーの選択をしていくことになります。
 
ここには、ホメオパスの専門的な知識と技術が
必要とされてきます。
 
これをセルフケアで乗り越えようとレメディーを取ると、
これまでの症状が噴き出てくることが考えられます。
 
 
セルフケアでレメディーをとってみて、
症状が噴き出してしまいました!
と相談会に駆け込んで来る方は、
結構多いんですよ・・・
 
 
喘息っぽいということでしたら、
まずはホメオパスにレメディーを処方してもらう、
健康相談会を受けるのが安心だと思います。
 
 
 
そして、継続して相談会を受けることによって、
薬の害が取れ、体力がつき、
ホメオパシーでセルフケアができる“体の基礎”ができてから、
 
フルサポート講座を受け、
セルフケアを学ぶというのが、
最も私がオススメしたい流れです^^
 
 
相談会を卒業したのちは、
ご自身で家族の健康を管理しなくてはいけません。
 
 
ですから、
フルサポート講座を受けて、
しっかりとホメオパシーの知識を身につけることで、
これからご自身やご家族の風邪や日常の症状に、
対応することができるようになります。
 
健康相談会を卒業した後も、
ご自身やご家族の健康の維持に、
一生涯役立つ知識です。
 
そしてレメディーの使い方は、
ぜひお子様、お孫さんにと、
代々と引き継いでいくと、
とても良いですね^^
 
 
これまで私自身が、
ゼロからホメオパシーを学び、
さらに多くのクライアントさんをを見てきて、
 
こんなメニューがあったらいいな!
こんな講座があったらいいな!
 
という想いを形にしたのが、
今『オメオパティア』が提供している、
メニューや講座になります。
 
 
どれも、とってもオススメですよ!
 
 
健康相談会とフルサポーこ講座、
どちらを受けるか迷われている方は、
 
何か症状でお困りでしたら、
健康相談会+フルサポート講座。
 
特に困った症状がなく、
「ホメオパシーを使って健康管理したい!」
という方は、フルサポート講座をお受けください。
 
 
フルサポート講座は、
ただ今ブロンズコースのみご受講いただけます。
 
オプションがついた、
シルバー、ゴールド、ダイアモンドコースは、
来年以降に第2期を募集しますので、
どうぞ楽しみにお待ちください!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。