みんなはいつ痒くなるの??眠れるときにゆっくり睡眠をとりましょう!!

日本ホメオパシーセンター新宿神楽坂・千葉船橋本町

工藤聖子です。

 

私は日々、

自然療法ホメオパシーの療法家・ホメオパスとして、
アトピーなどの皮膚発疹などでお悩みの方の話を、
たくさん聴いているのですが、

アトピーなどの皮膚症状でお困りの方は、
いったいいつ痒くなるのでしょう??

多くの方が、

・夕方家に帰ってリラックスしたとき

・お布団に入ったとき

・お風呂に入ったときorお風呂上り

・服を脱いだとき

・痒くないのについつい掻いて、
そのうちに痒くなって止まらなくなってしまう

 

とおっしゃいますし、
私自身もそうでした。

痒みというのは、
リラックスしたとき、
身体が暖まったときに、
起きることが多いです。

自律神経の副交感神経が優位になったとき、
つまり緊張がとけ、
ふっとリラックスしたときに、
痒みがやってくるのです。

それから、
皮膚の再生は夜中に行われるので、
夜中に痒くなって、
掻いて掻いて眠れないという方も多いですよ。

4時とか5時とか朝方になって、
ようやく眠れるのだけど、
すぐに起きて会社や学校に行かなくてはいけなくて、
眠く重い体をひきずって家を出る・・・

本当に、この“痒み”は、
アトピーの中で一番辛いことだと思います。

夜中に眠れず、
疲れが取れないのが辛い。

痒がる子供を、
毎日掻いてあげるのがしんどい。

子供が悪くないのはわかっているけど、
掻いてあげるのも限界がきて、
ついついカッとなって怒ってしまう。

クライアントさんの中には、

「この子を抱いて、
一緒にベランダから飛び降りたら、
楽になるんじゃないか・・・」

「この子を置いて家出したい・・・」

「このまま死んでしまってもいいや。」

「掻いてしまう自分を責めてしまう」

と辛い辛い胸中を吐露されます。

本当に、
これっていったいいつまで続くの。。。
と長ーいトンネルに入った気持ちになると思います。
 

でもね、
その痒みは、
皮膚が再生している証拠であり、
治癒へのひとつひとつの積み重ねであることを、
どうか深く心に落とし込んでください。

実は、
痒くない湿疹のほうが、
病理は深く治りづらいのです。

そして湿疹はないけど、
痒みがあるというときは、
身体に湿疹が潜んでいるので、
ホメオパシーの力をかりて、
自己治癒力をあげ、
湿疹を外に押し出してあげたほうがいいんですよ。

夜に痒くなるのは、
みなさん同じなので、

今痒みで辛いという方は、
できるだけ昼間に休めるように、
時間をとってみてくださいね。

学校や会社を遅めに行くことを許してもらう、
お母さんは子供と一緒にぐっすり昼寝をするなど、
なにかしら工夫があるといいと思います!

私自身もアトピーの症状があったとき、
「あー。もう一生、
この湿疹と痒みと生きていかなくてはいけないんだ。」
と絶望の境地でした。

今、なんの湿疹も痒みもなく、
夜中もぐっすり眠れることが、
とっても驚きだし、

本当にありがたいことだと感じています。

それもこれも、

ホメオパシーとの出会いのおかげです!

アトピーなどの湿疹にお悩みの方に、

 

・なぜなかなか治っていかないのか?

 

・どうしたらアトピーを乗り越えることができるのか?

 

・アトピーは私たちに何を教えてくれているのか?

 

・アトピーに対しホメオパシーをどう活用できるのか?

ということをまとめた、
アトピー肌を乗り越えるメール講座、

 

今年1月に発売された、

私の著書『すべてのアトピーチャイルドの輝』をテキストとし、

第2期よりもバージョンアップしてお届けします!

 

image

そしてなんと、

この講座は、
薬をなるべく使わないお医者さんである、
豊受(とようけ)クリニックの高野先生に監修してもらっていて、
高野先生にも2日分のメール講座を書いていただいています↓

・『病院に行った方がいい場合の見極め方』

・『溶連菌やとびひ、ブドウ球菌を始めとした
皮膚感染症を合併した時の考え方』

 

お医者さんからの見解も、

とーっても大事!

ぜひ参考になさってください!

出版記念価格の特別割引は、
本日までです!

それまでにぜひお申込みください!

 

詳細、申込みはこちら↓

豊受クリニック・高野弘之医師監修
『なぜ脱ステロイドだけじゃうまくいなかいの?
がわかるアトピー肌を乗り越える実践30日間講座』

アトピーについてまとめていますが、
その他のお肌の症状の方も、
基本的には同じ考えですし、
ホメオパシーを深く知ることもできるのでおススメです!

この講座が一筋の光となれば嬉しいです★

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。