みんなでワクチンうってみんなでインフルに罹る!そろそろ終わりにしませんか?インフルエンザ狂騒曲

日本ホメオパシーセンター『オメオパティア』の
工藤聖子です。

先日も書きましたが、
息子がいる学校の
2年生全クラスが、
インフルエンザのため、
今週3日間、
学年閉鎖となりました。

息子のクラスは、
なんとクラスの半分の生徒がお休み!

もう、大流行ですよ。

{0E469D08-D2B9-41DD-9CD7-A337673E3789:01}

3クラスのうち、
息子のクラスの欠席者が、
一番多かったため、

息子はウイルスに触れていたと考えてもおかしくないですが、
ワクチンもしてない、
うがいも手洗いもしてない、
マスクもしてないという、

最も罹りやすい状況にあったにも関わらず、
息子はインフルエンザには罹らず、
ピンピンしております。

これって一体どういうこと??

インフルエンザのワクチンをうつということは、
インフルエンザのウイルスを培養したものを、
皮下注射で体に取りこむということです。

それによって抗体を獲得し、
免疫を得るというのが、
今のワクチンの考え方です。

だけどね、
人間の浅はかな知恵よりも、
自然のほうが勝ります。

体は、
自分の中に取り込んでしまったウイルスを、
インフルエンザに罹ることによって、
体の外に追い出そうとするのです。

ウイルスは異物ですから。

ワクチンをうった年に限って、
インフルエンザに罹るというのは、
このためです。

ワクチン代3000円が、
パーというわけ。

一方、
ワクチンをうたなかった年に、
インフルエンザに罹ったという人もいますよね??

実はワクチンをうてばうつほど、
体の免疫力は下がり、
慢性のインフルエンザ状態となります。

もう、インフルに罹って、
症状を出すという体力が残っていないのです。

常に体がだるいなど、
不定愁訴があるという方は、
慢性のインフルエンザの状態となっています。

だから、
ワクチンをうたなかった年に、
「今だー!チャンス!
症状を出せー!」

と体は判断し、
インフルにかかります。

毎年払っているワクチン代3000円×○年分は、
かえって体を弱めているのです。

ではなぜ、
ワクチンを一回もうったことのない、
うちの息子は、
インフルウイルスが蔓延しているクラスにいても、
感染しないのでしょうか??

それは、
4年ほど前に、
しっかりインフルエンザに罹り切ったからです。

おそらく幼稚園で、
インフルをもらってきました。

しかし、
薬は取らず、
ホメオパシーのレメディーで症状を押し出して、
しっかり罹り切るということをしました。

そうすることで、
体に免疫ができ、
ウイルスいっぱいのクラスにいても、
平気なわけです。

(常日頃から症状は薬で抑えないということを、
徹底していますしね♪)

薬は残念ながら、
一時その症状を抑えているに過ぎません。

インフルエンザがダラダラ長引くのは、
薬で抑えるためです。

みんなでインフルワクチンうって、
みんなでインフルにかかってタミフル飲んで、
一体誰が得をしているのでしょうか??

今やワクチン産業は年間1兆円のビジネスです。

日本の年間医療費は、
40兆円を越え、
これはロシアの国家財政に匹敵するそうです。

もういい加減に、
“インフルエンザ狂騒曲”
終わりにしませんか??

子供の健康のために、
真剣に調べ、考え、
選択してほしいと思います。

ワクチンについては、
無料でこちらのメールセミナーを配信しています。

『ワクチンの効果と副作用を知って決断するための8つのステップ』

↑登録は簡単!無料だよ!!

そして現在実施中の

『インフルエンザを上手に乗り越えようキャンペーン』
に、
参加してくれている、

とっても優秀なホメオパス、
大阪の船塚千恵ちゃんが、
わかりやすい記事を書いてくれています。

【インフルエンザ大歓迎♪】

image

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。